【税理士試験】法人税法の難易度・合格率推移は?

※当サイトにはマイナビ等の広告が含まれています

法人税法の難易度「★★★★★」

法人税法難易度はマックスの「5」です。

法人税法は、税法科目のなかでも学習するボリュームが非常に多い科目です。

問題構成は理論問題が50%計算問題が50%となっています。

「法人税」は会社の利益に対して国が課す税金です。したがって、実務で非常に利用頻度が高い税法といえます。

また、多くの税理士の収入源は「法人からの顧問料報酬」となっていることから、実務での利用頻度を考えると出来れば取得しておきたい科目です。

しかし、学習のボリュームが非常に多いため、社会人が仕事をしながら受験する場合、少しでも合格する確率を上げようとするなら、1年で法人税法1科目に的を絞らざるを得ないと思います。

仮に、法人税法1科目に的を絞ったとしても、合格レベルに達するにはかなりの時間と労力を必要とするので、働きながらの受験する場合は合格までに、2~3年はかかるものとして覚悟してチャレンジしましょう。

また、税理士になるには選択必須科目の「法人税法」「所得税法」のどちらかをクリアしなければならず、特に法人税法は実務上での利用頻度の多さから人気が集中しています。

さらに税理士試験は合格率が約15%の相対試験。

結果として合格できない受験生が滞留する「ボトルネック」となっていることが、法人税法の難易度をさらに上げています。

法人税法の受験者数は「実務での利用頻度が高い」「選択で必須科目となっている」という理由で、「簿記論」「残務諸表論」「消費税法」に次ぐ4番人気です。

直近の「2023年第73回税理士試験」の受験者数と合格率は以下の通りです。

受験者数(人) 合格者数(人) 2023年合格率(%) 受験者数占有率(%)
簿記論 16,093 2,794 17.4 34.3
財務諸表論 13,260 3,726 28.1 28.2
所得税法 1,202 166 13.8 2.6
法人税法 3,550 497 14.0 7.6
相続税法 2,428 282 11.6 5.2
消費税法 6,756 802 11.9 14.4
酒税法 463 59 12.7 1.0
国税徴収法 1,646 228 13.9 3.5
住民税 462 68 14.7 1.0
事業税 250 41 16.4 0.5
固定資産税 846 146 17.3 1.8
合計(延人員) 46,956 8,809 18.8 100

(出典:国税庁HP

直近6年の受験者数(所得税法、法人税法、税理士試験全体)は次の通りです。

法人税法の受験者占有率は年々減少しており、受験生が法人税法を避ける傾向にあることが分かります。

法人税法 全体 法人税法の占有率(%)
2023年(令和5年)第73回 3,550 46,956 7.6
2022年(令和4年)第72回 3,454 40,430 8.5
2021年(令和3年)第71回 3,532 37,673 9.4
2020年(令和2年)第70回 3,658 36,845 9.9
2019年(令和元年)第69回 4,260 41,158 10.4
2018年(平成30年)第68回 4,681 42,063 11.1
人気の税理士講座を徹底比較!
スタディング」と「クレアール」を徹底比較した記事です!

【税理士講座対決!】スタディングとクレアールどっちを選ぶべき?

クレアールとスタディングの税理士講座どっちを選ぶべき?徹底比較してみました

2023年8月10日

「スタディング」「クレアール」「TAC」「大原」を徹底比較した記事です!

2024年版【社会人向け】税理士試験の予備校・通信講座おすすめ「4選」

【社会人】税理士試験の予備校・通信講座おすすめ「4選」

2022年8月13日

\ 7/22までW割引中!

スタディングに新規で無料登録すると「15%OFFクーポン」がもらえます!(※15%OFFクーポンは過去に無料登録が完了している方にも配布されています。マイページから確認して下さい。)

らに、一部のコースは2024年7月22日までさらに11,000円OFF!

こんな大幅割引のチャンスは滅多にありません!

【2つの割引適用後の価格(税込)】
・法人税法アドバンスパック 定価63,800円44,880円(18,920円お得!)
冊子版オプション付き 定価83,600円61,710円(21,890円お得!)

しかも、今なら来年の2025年版も無料で利用できます!

2024年7月から勉強を開始すれば、来年2025年8月の税理士試験で科目合格はかなり現実的!

科目合格できれば税理士への道が一気に開けます!

無料登録は「メールアドレス」「パスワード設定」のみ。



今すぐ無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式HP】

15%OFFクーポンの取得方法&利用方法を詳しく解説!⇒「スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説」。

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

2023年8月3日

法人税法の合格率推移

法人税法の合格率の推移(青線)は以下の通りです。

2023年令和6年第73回税理士試験(法人税法と所得税法の合格率推移)

直近15年間は、全11科目の平均合格率と比較すると低めの合格率で推移しています。

最後に

法人税法は実務での利用頻度も高く、できれば受験したいとお考えの方も多いと思います。

しかし、法人税法はとてつもない量の条文を暗記する必要があるので、かなりの覚悟が必要とされる科目です。

税法科目特有の「条文の丸暗記」が受け入れられないという方は、大学院で税法科目の2科目免除を検討するのもアリだと思います。

【全国一覧】税理士試験の会計・税法科目免除が可能な大学院

 

税理士になるまでのロードマップ

僕の実体験をもとに誰よりも詳しく解説しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA